世界の歌姫カーリー・レイ・ジェプセン『コール・ミー・メイビー』が日本映画初の主題歌に決定!!

主題歌情報

この度、本作の主題歌が、世界中で愛され、日本でもCMに起用されるなど絶大な人気を誇る“世界の歌姫”カーリー・レイ・ジェプセンの「コール・ミー・メイビー」に決定いたしました!本楽曲は、全米9週連続1位を獲得し、2012年最長全米No. 1シングルに。さらに日本でも複数の配信サイトの年間ランキングで1位を獲得し、第55回グラミー賞では最優秀楽曲賞を含む2部門にノミネートされるなど驚異的なヒットを記録した楽曲。そしてカーリーが日本映画に楽曲を提供するのは今作が<初>となります。コミカルでありながら、揺れる切ない乙女心を描いた『ピーチガール』の世界観を表現できるのはこの曲しかない、という制作陣の熱い想いから、数ヶ月に渡る交渉の末、ついに実現。一度聞いたらつい口ずさんでしまうキャッチーなメロディーと、カーリーのキュートな歌声、恋する女の子の等身大の気持ちを歌った歌詞が、『ピーチガール』の世界観をさらに盛り上げます。

この春、思い切り笑えて、時に切なく、思わず胸がキュンとする、ノンストップ・ラブストーリーが、カーリーの音楽とともに日本中を席巻します!

【コメント】 映画『ピーチガール』 プロデューサー 新垣弘隆
全米No.1に輝き世界的な大ヒット曲となった「コール・ミー・メイビー」は、一度聞いたら絶対耳残りするPOPなメロディー、そしてカーリーのキュートな歌声が素晴らしいラブソングですが、「ピーチガール」のコミカルでパンチの効いたコメディでありながら、健気な乙女心を切なく描いた世界観を表現できるのは、この曲しかないと思いました。数ヶ月に渡る交渉の末、何度も諦めかけましたが、決定のビッグニュースはまさに感動の瞬間。我々の想いに共感し快諾いただいたカーリーに深く感謝します。
神徳監督が「コール・ミー・メイビー」に合わせて制作したエンドロールは誰もが楽しめる必見の見どころです。カーリーのキュートな歌声と共に是非劇場でご堪能下さい。

■カーリー・レイ・ジェプセン プロフィール 
カナダのブリティッシュ・コロンビア州出身のシンガー・ソングライター。デビュー・アルバム『Tug of War』がカナダのグラミー賞に値する2010 Juno Awardで最優秀ソングライターと最優秀新人賞にノミネート。ジャスティン・ビーバーからの電話がきっかけで、ジャスティンのレーベルSchoolboy Recordsの初のアーティストとして契約。2012年、シングル「コール・ミー・メイビー」が全米9週連続1位を獲得し、2012年最長全米No. 1シングルに。日本でも複数の配信サイトの年間ランキングで1位を獲得した。第55回グラミー賞では最優秀楽曲賞を含む2部門にノミネートされた。2015年には、この年洋楽最大級のヒット曲となり、第30回日本ゴールドディスク大賞で「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(洋楽)」と「ベスト5ソング・バイ・ダウンロード」の2部門を受賞した「アイ・リアリー・ライク・ユー」を収録したアルバム『エモーション』をリリースし、サマーソニックに出演、11月東名阪ジャパン・ツアーは完売した。2016年春、初開催されたPOPSPRINGに出演、札幌と福岡でも初の公演を行った。来日記念盤として新曲2曲を収録した来日記念盤『エモーション・リミックス+(プラス)』が日本だけで発売された。

 

【収録ディスク情報】
『キス』
CD:UICS-9133 / ¥2,037(税込)
CD+DVDデラックス・エディション:UICS-9134 / ¥3,065(税込)