4月20日(木)実施 完成披露試写会レポート

イベント情報

このたび、4月20日(木)イイノホールにて、W主演の山本美月さん、伊野尾慧さんをはじめ豪華キャストが登壇した、完成披露試写会を実施いたしました!

5月20日の全国公開に先立ち、完成した映画の初お披露目となった本日。MCの呼びかけで、W主演の山本美月さん、伊野尾慧さんを先頭に、真剣佑さん、永野芽郁さん、本仮屋ユイカさん、水上剣星さん、升毅さん、菊池桃子さん、神徳幸治監督が客席を通って舞台上に向かうと、観客から一斉に「キャー」と黄色い悲鳴が飛び交いました。

舞台上に上がるやいなや山本さんは「鳥肌が立ちました」とあまりの熱気に圧倒された様子を見せ、伊野尾さんは「キャーキャー言ってくれてありがとうございます」と元気よく挨拶。

登壇者全員のひとこと挨拶に続けて、本作のキャッチコピー「5分に1度、恋の事件が巻き起きる」に掛けて、キャストたちが劇中で一番胸キュンした!というシーンやセリフについての質問に移行。
山本さんは、自身が演じるももととーじ(真剣佑さん)が付き合って、はじめて一緒に登校するシーンで「カイリ(伊野尾さん)にちょっかいを出されるけど、そこでとーじが『俺のだから』と、ももの手を引くところ」と胸キュンセリフを答えました。

伊野尾さんは「ももちゃんのパンチラシーンは胸キュンですよ(笑)」と独特のポイントで劇中のとあるシーンを胸キュンシーンに挙げていました。

続けて真剣佑さんは、病院でとーじがももを助けるシーンを挙げて「いままでやったことのない挑戦でした」と振り返り、永野さんは「エンドロールまでずっとキュンキュンする!」と興奮気味に答え、「キュンキュンするシーンとは変わってしまいますが、カイリにめっちゃ暴言を吐くシーンが楽しかった!(笑)」と天真爛漫にコメント。

本仮屋さんは女子目線で「もものプレゼントをとーじが選んでいるシーン」。水上さんは、緊張で手汗がすごかったという「沙絵(永野さん)の手を車の中で握っているシーン」。

升さんは「カイリが家族と衝突して涙を流しているシーン」と、二度目の共演となった伊野尾さんとのシーンを挙げていました。すると伊野尾さんは「はじめての舞台でも、今回のはじめての映画でも(升さんが)お父さん役として共演させていただいて、第二のお父さんだと思っています」と感慨深げにコメント。

そして、タイトルに“桃(ピーチ)”が入っている本作を、自身の“桃子”という名前との共通性から「愛おしくて仕方がない!」とコメントした菊池さんは「映画がはじまってからすぐに計算外のキュンポイントがある!」と胸キュンシーンを挙げ、監督は「(本作の音楽を担当した)蔦谷(好位置)さんの音楽も素晴らしいので、劇中の音楽にも注目してほしいです」と答えました。

そしてここで、監督・キャストたちの”あること”がわかるという心理テストのコーナーに。何の心理テストかは伏せた状態で、舞台挨拶前に登壇者たちに回答してもらった、2つの心理テストの結果をスクリーンに投影。

このテストは、その人の隠された“ギャップ”がわかるという心理テスト。本作に登場するキャラクターは、ヒロインももの「ギャルっぽいけどピュア」、カイリの「チャラそうだけど真面目」など、それぞれに”ギャップ”を持っていることから実施したギャップ診断。
心理カウンセラーの専門家、小高千枝先生をステージに招くと、さらに驚きの発表が!実は、舞台挨拶が始まったときから、舞台挨拶中の登壇者の様子をこっそり見て、心理テスト以外にも、話し方や仕草を含めて登壇者の隠された”ギャップ”を診断していたという突然の発表に思わず口を手を覆うなど、一同は驚いた様子でざわつきはじめていました。

三タイプに別れたという”ギャップ”診断の結果では、

【山本さん、菊池さん】自分の軸が明確であり、完全主義。自分のペースを邪魔されたくない、職人気質的な面があり、見た目の柔らかさ、華やかさ、可愛らしさとは違う、芯の強さ、頑固さ(職人気質)を持っているギャップがある。
診断結果を告げられた山本さんは「こわい…」と驚きながらも「好きなものがあると一直線なんですよ(笑)」と診断結果に納得した様子。

【伊野尾さん、永野さん、水上さん、監督】安心、安全、安定が基本軸。フラットに自然に見せていても、実は自己防衛心が強く、頭で考えて行動をしている見た目と内面とのギャップがある。
小高先生が補足して「男性でも母性のある人が…」と診断結果の説明をしていると、「伊野尾さん、母性があるんですね(笑)」と伊野尾さんの隣にいた永野さんが大爆笑。
舞台挨拶中の伊野尾さんがマイクを持って話す際のマイクと唇の距離感にも注目され、「唇の周りにものがあると落ち着く甘えん坊タイプ」、「キャラをつくってるようでムチャが出来ないタイプ」と、次々と小高先生方から鋭い指摘されると伊野尾さんは「それじゃ赤ちゃんじゃないですか!(笑)。営業妨害ですよ!(笑)」と反抗してみせるも場内は大爆笑に包まれました。
また伊野尾さんは、頭で考えるタイプという結果について「芽郁ちゃんは全然そんなタイプじゃないですよ!(笑)」と同じ結果になった永野さんの奔放さを暴露していました。

【真剣佑さん、本仮屋さん、升さん】気持ちが常に一定である、信念がとても強く自分のペースを持っている。見た目の柔らかさや爽やかさからイメージできないギャップがある。
舞台挨拶中の仕草からもマイペースぶりを指摘された真剣佑さんは、恥ずかしそうに黙って頷いていました。
フォトセッションを終えて、最後にこれから映画を見る観客に向けて、山本さん「日本中で愛される映画になればなと思います」。伊野尾さん「監督、キャスト、スタッフ、みんなが一丸となって頑張った作品です、みなさん応援をお願いします!」と、主演二人の挨拶で締めくくると、大歓声のまま、舞台挨拶を終えました。

セントラルパーク×ピーチガール 公開記念キャンペーン実施決定!

イベント情報

名古屋・セントラルパークにて、累計1,300万部超えのウルトラヒット少女コミック、「ピーチガール」待望の実写化を記念したキャンペーンを開催します。
素敵なプレゼントが当たるチャンス!ぜひ参加してみてください!

映画「ピーチガール」公開記念キャンペーン
期間:4月25日(火)~5月7日(日)
時間:10:00~21:00
 

上記期間中、ご応募いただいた方の中から抽選で50組100名様を、映画「ピーチガール」舞台挨拶付試写会にご招待!

【イベント概要】
5月12日(金)18:00会場/18:30開演  会場:アートピアホール
ゲスト:山本美月さん、伊野尾慧さん(予定)

さらに!期間中セントラルパーク各店にて2,000円(税込)以上お買上げの方から抽選で映画鑑賞券など素敵な賞品をプレゼント!

また、セントラルギャラリーにて「ピーチガール」公開記念パネル展、パークスクエアには作中で使用された衣装展示や巨大ビジュアルなどが登場します!ぜひご覧ください!

詳しくはこちら

2/28《“ももの節句”・ひなまつり》イベントレポート

イベント情報

昨年の3月22日から4月26日にかけて撮影された本作がついに完成を迎え、本作にとって初のイベントとなった今回。来る3月3日の<ももの節句・ひなまつり>は、女の子の幸せを願う日ということで、恋愛のパワースポットとして有名な東京大神宮で、本作ヒロインの名前“もも”にかけた“もも”づくしのイベントを実施。

“もも”色を取り入れた衣装をまとったW主演の山本美月と伊野尾慧、本作のメガホンをとった神徳幸治監督が、一般の<恋する女の子>20名とともに、劇中で2人が桃の木を植えるシーンにちなんだ『ピーチガール』オリジナル“ももの木”に、映画のヒット祈願と、日本中の女の子の恋愛成就を願って、“もも”の形の絵馬を立て掛けました。

その後、拝殿でのご祈祷を終えたキャストと監督は、つづいてトークセッションへ。
ひとこと挨拶を終え、撮影時のエピソードについて質問が及ぶと、安達ももを演じた山本は「撮影したのがずっと前のように感じています。いよいよ公開が近づいてきたんだなあという気持ちですね」と感慨深げに語る。原作では色黒ギャル風の女子高生というももだが「今の時代のギャルとしてもやりすぎにならないように、監督やスタッフさんと相談して調整をしました」とエピソードを語る。また、本作で映画初出演、初主演となった岡安浬(カイリ)役の伊野尾は「楽しかった思い出が蘇ります。撮影時ももちろん綺麗だったのですが、完成してスクリーンで観て、その景色の綺麗さに感動しました」。神徳監督「初の少女コミック作品出演の山本さんと、映画初出演の伊野尾くん。僕もこれが映画初監督だったので、みんなで初めてを楽しもうと思ってやりました」と、それぞれに振り返った。

初共演となった二人は、お互いの印象を、山本「とにかくキラキラ感がすごかったです」。伊野尾「同じ主演ということで助けられたりもしましたし、すごく負けず嫌いで、女性だけどかっこいいなと思っていました」。と話すと山本は「監督がいじわるな演出をすることがよくあったのですが、絶対負けない!と思ってやってました(笑)」とコメント。そんな山本について監督は「僕がやってほしいと思ったことをやってくれて、すごい女優だなと思いましたね」と称賛した。

劇中お気に入りの胸キュンシーンについて山本は「とーじとカイリ、イケメン二人に取り合いされるシーン!女子なら憧れですよね」と笑顔で答えると、伊野尾は「こういった恋愛モノ、キラキラ映画ということで“壁ドン”するのを楽しみにしてましたが、劇中では三人から“壁ドン”をされて、自分では一回もやれなかった。けどドキドキしましたね(笑)」と述べる。多くの胸キュンシーンを手掛けた監督は「青春、恋愛映画をたくさん観て、100人以上の女子高生にどういったところが良かったのかと聞いたりしました」と綿密なリーサーチをした秘話を披露。また撮影現場では、沙絵役の永野芽郁が現役高校生だったこともあり、「永野さんが(胸キュンシーンを)モニターを観ながら恥ずかしがったりしながら喜んだり、良いリアクションをしてくれたらやった!と思ってました」と語る。

また、<ももの節句・ひなまつり>イベントと題した本日のイベントにちなみ、「女の子に生まれてきてよかったこと」について山本は「ファッションの幅が広い」ところをあげ、対する伊野尾は、「女子会とかもいいですよね。男性に“壁ドン”されたいですね(笑)」と、茶目っ気たっぷりに「女の子に生まれたらやってみたいこと」を答えた。劇中では女装シーンも披露しているが「25年間生きてきて、一度もお別れしたことがなかったすね毛を全部剃って。自分で見ても綺麗だなと思いました。その脚を監督が綺麗に撮ってくました(笑)」と胸を張った。

見た目は派手だけど中身はピュアなもも、見た目はチャラいけど実は真面目なカイリという、それぞれギャップを持つキャラクターを演じたが、演じるにあたって心がけた点を山本は「原作のももの幸せそうなときの笑顔が印象的だったのでそういったところや、カイリととーじに恋しているときのそれぞれの違い」。伊野尾は「見ていて誰にでも愛されるようなキャラクターでいることと、家族といるときにみせる悲しみや切なさといったギャップ」と答えた。

トークセッション最後の挨拶に、山本「本当に5分に一度事件が起きるハラハラドキドキな映画なので、日本中のみなさんに楽しんでいただけたら」。伊野尾「アトラクションのような映画で、観てる人はジェットコースターに乗ってるような気分になれると思います。若い方だけでなく、青春を取り戻したいといった方にも観ていただきたいです」。監督「一点の曇もない良い映画ができました。一人でも多くの方に観ていただけたら」と映画公開に向け、それぞれに熱いメッセージを投げかけ、イベントを終了しました。


【イベント概要】
《“ももの節句”・ひなまつり》イベント
日時:2月28日(火)
場所:東京大神宮
登壇者:山本美月さん、伊野尾慧さん、神徳幸治監督