1,300万部超のウルトラヒットコミック、ついに映画化!

5分に1度、恋の事件が巻き起こる!急展開ラブストーリー

累計発行部数1,300万部を超える、上田美和によるウルトラヒットコミック「ピーチガール」。
1997年10月号から2004年1月号にかけて講談社「別冊フレンド」にて連載され、女子中高生を中心に一大ブームを巻き起こしたコミックがついに映画化。見た目は派手だが内面は超ピュアなヒロインを中心に、高校生4人が巻き起こす恋模様を、息をつかせぬ展開で描くラブストーリーだ。
 安達ももは高校一年生。中学の頃から同級生のとーじに片思いをしているが、ひょんなことから学年一のモテ王子・カイリに想いを寄せられ、ももに敵意を燃やす小悪魔女子・沙絵の悪巧みにより、事態はどんどんこじれてしまう。カイリととーじの間で揺れ動き、沙絵の罠により絶体絶命に陥ったもも。果たしてこの予測不能恋の結末は…!?
 安達ももを演じるのは、同世代の女性を中心に圧倒的な支持を受ける山本美月色黒茶髪というギャル風女子高生になりきり、恋に一喜一憂するヒロインを、表情をくるくると変化させて生き生きと演じている。学校一のモテ王子〈カイリ〉こと岡安浬(かいり)に扮するのは、本作が映画初出演にして初主演となる伊野尾慧。チャラくてお調子者だが、実は芯のあるカイリを体現、彼ならではのカイリ像を作り上げている。カイリとライバル関係になる、真面目なさわやか男子〈とーじ〉こと東寺ヶ森(とうじがもり)一矢に扮するのは、話題作への出演が続き、日本国内にとどまらずハリウッド大作への出演も決まるなど注目度が急上昇中の真剣佑。そして、今年の春には初主演映画の公開も控え、CMでも引っ張りだこの永野芽郁が、ももに異様な敵意を燃やし三角関係をとことんかき乱す、小悪魔にして謀略家の柏木沙絵を確かな演技力で演じている。ほか、本仮屋ユイカ、水上剣星、升毅、菊池桃子と、実力派俳優が一層スクリーンに華を添える。
 本作で監督デビューを飾るのは、数々のTVドラマや舞台の演出を手掛けてきた神徳幸治。そして主題歌には、キュートな魅力で日本でも大人気のシンガー・ソングライター、カーリー・レイ・ジェプセンによる世界的大ヒット曲コール・ミー・メイビー」。恋する女の子の気持ちを等身大に歌い上げたポップでキャッチーなメロディーが、「ピーチガール」の世界観をより一層カラフルに彩る。
個性的で魅力あふれる登場人物たちが繰り広げる、スピーディーで大波乱の展開。胸キュン笑い切なさも、すべてがめいっぱい詰め込まれ、最初から最後まで一瞬たりとも目が離せない、これまでにない新しい恋愛映画が誕生!

三角関係+悪魔!? 予測不能な大波乱の恋が幕を開ける!

STORY

女子高生のももは、日焼けした肌に色が抜けた赤い髪という派手な見た目のせいで、周囲から「遊んでそう」と誤解されてしまうけれど、中身は超ピュア。真面目で硬派なさわやか男子・とーじに中学時代から片思いしているが、ある日、学年一のモテ王子・カイリにとある勘違いから一方的にキスをされ学校中の噂に。一方、クラスメイトのさえは色白で男ウケ抜群。でもその中身は最強最悪の小悪魔!ももの幸せを邪魔しようと、次々と罠を仕掛ける。そんなももの絶体絶命のピンチを救ってくれたのは、もものピュアな内面を好きになったカイリだった。カイリととーじ、全くタイプの違う2人の間で心が激しく揺れ動くもも。果たして最後に選ぶのは−?

次から次へと巻き起こる恋の事件ノンストップで繰り広げられる、最後まで先の読めない展開に、一瞬も目が離せない!笑って、泣いて、胸キュンもハラハラも最高潮で押し寄せる、これまでにない新しい恋愛映画が誕生!

CHARACTERS

Yuika Motokariya 本仮屋ユイカ
1987年9月8日生まれ、東京都出身。01年、TVドラマ「3年B組金八先生 第6シリーズ」(TBS)で女優デビュー。05年にNHK連続テレビ小説「ファイト」のヒロインに抜擢される。主な出演作に、映画『スウィングガールズ』(04)、『Dear Friends ディア フレンズ』(07)、『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』(10)、『僕等がいた 前・後篇』(12)、TVドラマ「そこをなんとか」(12・14/NHK)、「検事の本懐」(16/EX)などがある。
Kensei Mikami 水上剣星
1984年4月2日生まれ、東京都出身。14歳からモデルとして活躍、18歳から23歳までアメリカ・ニューヨークで過ごす。帰国後、09年にTVドラマ「東京DOGS」(CX)で俳優デビュー。翌年10年に映画『BECK』でスクリーンデビュー。近年の主な出演作に、「きょうは会社休みます」(14/NTV)、「まっしろ」(15/TBS)、「黒い十人の女」(YTV/16)、映画『ST 赤と白の捜査ファイル』(15)、『デスノート Light up the NEW world』(16)など。
Takeshi Masu 升毅
1955年12月9日生まれ、東京都出身。近畿大学卒業後、劇団「売名行為」を結成。91年、演出家のG2らと共に劇団「MOTHER」を立ち上げ、座長として活躍。映画、TVドラマ、舞台等、幅広く活躍中。15年、NHK連続テレビ小説「あさが来た」ではヒロインの父親を好演し話題に。近年の主な出演作に、映画『群青色の、とおり道』(15)、『闇金ドッグス』(16)、TVドラマ「仰げば尊し」(TBS/16)、「嫌われる勇気」(17)など。主演映画『八重子のハミング』(17)が公開待機中。
Momoko Kikuchi 菊池桃子
1968年5月4日生まれ、東京都出身。83年にアイドル雑誌のイメージガールとなり芸能活動を開始。翌年スクリーンデビュー・歌手デビューし、アイドルとして一世を風靡する。89年以後女優業に専念。現在は映画、テレビ、ラジオ、講演、執筆とマルチに活躍。12年に法政大学大学院で雇用問題を専攻し、修士号を取得。同年より母校の戸板女子短期大学客員教授を務める。近年の出演作品に映画『プリンセストヨトミ』(11)、TVドラマ「さよならドビュッシー ~ピアニスト探偵 岬洋介~」(NTV/16)「ノンママ白書」(CX/16)などがある。

COMMENT

これはおもしろい、スクリーンから伝わってくる熱量がハンパじゃないです。よくあれだけの分量の原作をコンパクトにテンポよく楽しめるエンターテインメントに仕上げたなぁと。
そして原作にはないエピソードや設定がピーチガールの世界を壊すことなく逆に盛り上げているのは、製作に関わって下さった方々の作品へのリスペクトと向上心の賜物だと思います。
何より素晴らしいのはキャストの皆さんが見事に役にハマっていること。皆さんそれぞれに新境地を開いたんじゃないかと思えるぐらい見応えある演技でした。
原作ファンの方にも、未読の方にもぜひ観て頂きたい映画です。

Miwa Ueda 原作:上田美和 『ピーチガール』 (講談社「別冊フレンド」刊)
© 上田美和 / 講談社 97年10月号から04年1月号にかけて講談社「別冊フレンド」にて連載されメガヒット、累計発行部数は1,300万部を超える。99年には第23回講談社漫画賞を受賞、01年に台湾でTVドラマ化され高視聴率を記録、05年には日本国内でもTVアニメ化されるなど、女子中高生を中心に一大ブームを巻き起こした。さらに、沙絵の強烈なキャラクターも話題となり、『裏ピーチガール』という沙絵を主人公にしたスピンオフ作品も誕生。現在、新たなカバーとなって『ピーチガール新装版』が発売中。また『ピーチガール』の10年後を舞台にした『ピーチガールNEXT』が「BE・LOVE」にて連載中。
Profile
9月29日生まれ、兵庫県出身。85年、『桃色媚薬』で第162回BFまんがセミナー別フレ賞を受賞しデビュー。その後、多数のヒット作を生み出す。主な作品に『Oh! my ダーリン』『パピヨン –花と蝶-』『あるいていこう』など。

STAFF PROFILES

Koji Shintoku 監督:神徳幸治
1974年生まれ、大阪府出身。04年TVドラマ「加藤家へいらっしゃい!~名古屋嬢っ~」(NBN)で初演出。舞台でも06年に「劇団ROUTE30」を立ち上げ4回の公演を行う。TVドラマの演出を多数手がけ、主な作品に「警部補 矢部謙三」(10/EX)、「あぽやん〜走る国際空港」(13/TBS)、「フラガールと犬のチョコ」(15/TX)、「MARS~ただ、君を愛してる~」(16/NTV)、「犯罪科学分析官 電子の標的」(15、16/TX)、「特命指揮官 郷間彩香」(16/CX)などがある。本作が映画初監督作品。
Jyunpei Yamaoka 脚本:山岡潤平
1983年生まれ、兵庫県出身。04年、東京外国語大学在学中にラジオドラマ「道草『葛西ジェッター・ノボール』」(TOKYO FM)で脚本デビュー。その後、08年にTVドラマ「世にも奇妙な物語 2008春の特別編『さっきよりもいい人』」(CX)でドラマ脚本家デビュー。以来、TVドラマを中心に、コメディ、サスペンス、学園ものなど幅広く手がける。主な作品に「GTO」(12/KTV)、「仮面ティーチャー」(13/NTV)、「釣りバカ日誌〜新入社員 浜崎伝助〜」(15/TX)、「受験のシンデレラ」(NHK/16)などがある。
撮影:小松高志
1966年生まれ、長野県出身。日本映画学校を卒業後、92年よりフリーとなり『マークスの山』(95)、『ピンポン』(02)などで撮影助手を務める。撮影監督として、『アヒルと鴨のコインロッカー』(06)、『図鑑に載ってない虫』(07)、『ヘブンズ・ドア』(09)、『ジャージの二人』(08)、『フィッシュストーリー』(09)、『蟹工船』(09)、『ゴールデンスランバー』(10)、『映画 怪物くん』(11)、『グッモーエビアン!』(12)、『俺俺』(12)、『ヒロイン失格』(15)、『にがくてあまい』(16)など数多くの作品を手がける。
照明:蒔苗友一郎
1968年生まれ、青森県出身。『アカルイミライ』(03)で照明技師デビュー。『CASSHERN』(04)、『バッテリー』(07)などでは照明助手を務めた。手がけた主な作品に『犯人に告ぐ』(07)、『色即ぜねれいしょん』(08)、『ヘブンズ・ドア』(09)、『ゴールデンスランバー』(10)、『きな子~見習い警察犬の物語~』(10)、『グッモーエビアン』(12)、『俺俺』(12)、『宇宙兄弟』(12)、『ヒロイン失格』(15)、『貞子vs伽椰子』(16)、『にがくてあまい』(16)などがある。
録音:石貝洋
1966年生まれ、静岡県出身。日本映画学校を卒業後、録音助手として『御法度』(99)、『真夜中の弥次さん喜多さん』(05)などに携わる。その後、録音技師として独立、数多くの作品を手掛ける。主な作品に『天使』(06)、『クローズZERO』(07)、『ヘブンズ・ドア』(09)、『蟹工船』(09)、『ゴールデンスランバー』(09)、『ゴースト もういちど抱きしめたい』(10)、『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』(14)、『ヒーローマニア -生活-』『ぼくのおじさん』(16)など。
美術:磯田典宏
1952年生まれ、長崎県出身。87年、映画『オバケちゃん』で美術監督デビュー。北野武監督作品を多く手がけ、『HANA-BI』(98)、『Dolls』(02)、『座頭市』(03)、『アウトレイジ』(10)などがある。『のぼうの城』(12)では第36回日本アカデミー賞最優秀美術賞を受賞。その他の主な作品は『スウィングガールズ』(04)、『NANA』(05)、『ソラニン』(10)、『舞妓はレディ』(14)、『おかあさんの木』(15)、『四月は君の嘘』(16)、『ReLIFE』(17)など多数。
編集:下田悠
1984年生まれ、北海道出身。07年より編集技師の阿部亙英に師事。編集助手として映画『象の背中』(07)、『西の魔女が死んだ』(08)、『きな子~見習い警察犬の物語~』(10)、『柘榴坂の仇討』(14)などに携わる。編集技師として手掛けた作品に、『ネムリバ』(10)、『種まく旅人-みのりの茶-』(12)、『貞子3D』(12)、『劇場版 媚空-ビクウ-』(15)などがある。またTVドラマでも活躍、TVドラマ「牙狼-GARO-」シリーズ(TX)や「いつかティファニーで朝食を」(15/NTV)などがある。

Carly Rae Jepsen
主題歌:カーリー・レイ・ジェプセン 「コール・ミー・メイビー」(ユニバーサル インターナショナル)
カナダのブリティッシュコロンビア州出身のシンガー・ソングライター。デビュー・アルバム『Tug of War』がカナダのグラミー賞に値する2010 Juno Awardで最優秀ソングライターと最優秀新人賞にノミネート。ジャスティン・ビーバーからの電話がきっかけで、ジャスティンのレーベルSchoolboy Recordsの初のアーティストとして契約。2012年、シングル「コール・ミー・メイビー」が全米9週連続1位を獲得し、2012年最長全米No. 1シングルに。日本でも複数の配信サイトの年間ランキングで1位を獲得した。第55回グラミー賞では最優秀楽曲賞を含む2部門にノミネートされた。2015年には、この年洋楽最大級のヒット曲となり、第30回日本ゴールドディスク大賞で「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(洋楽)」と「ベスト5ソング・バイ・ダウンロード」の2部門を受賞した「アイ・リアリー・ライク・ユー」を収録したアルバム『エモーション』をリリースし、サマーソニックに出演、11月東名阪ジャパン・ツアーは完売した。2016年春、初開催されたPOPSPRINGに出演、札幌と福岡でも初の公演を行った。来日記念盤として新曲2曲を収録した来日記念盤『エモーション・リミックス+(プラス)』が日本だけで発売された。
『キス』

CD:UICS-9133 / ¥2,037(税込)
CD+DVDデラックス・エディション:UICS-9134 / ¥3,065(税込)

IKIMONOGAKARI 劇中曲:「キミがいる」いきものがかり 作詞・作曲:吉岡聖恵  編曲:島田昌典

©2010 by NIPPON TELEVISION MUSIC CORPORATION & cube inc.
®️2010 EPIC Records Japan

YUKI 劇中曲:「ドラマチック」YUKI 作詞:YUKI 作・編曲:蔦谷好位置 ストリングスアレンジ:弦一徹

©2005 by FUJIPACIFIC MUSIC INC.,Sony Music Publishing(JAPAN) Inc.&Sony Music Artists
®️2005 EPIC Records Japan

1976年生まれ、北海道出身。幼少の頃よりピアノ・パソコンに触れ、特にクラシックに深い興味を持ち独学で学ぶ。その後幅広いジャンルを研究・演奏し造詣を深めた。00年にCANNABISとしてデビューし、その後04年よりagehaspringsに加入。YUKI、Superfly、ゆず、エレファントカシマシ、木村カエラ、Chara、JUJU、絢香、back numberなど多くのアーティストへ楽曲提供やプロデュース、アレンジを行う。映画『昆虫物語 みつばちハッチ~勇気のメロディ~』(10)や『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』(11)では音楽監督を務めた。

TOPへ戻る
原作:上田美和『ピーチガール』(講談社「別冊フレンド」刊) 脚本:山本潤平 音楽:蔦谷好位置(agehasprings) 監督:神徳幸治 主題歌:カーリー・レイ・ジェプセン「コール・ミー・メイビー」(ユニバーサルインターナショナル) 製作幹事・配給:松竹 制作プロダクション:ファインエンターテイメント ©2017「ピーチガール」製作委員会